Q&A

学院について 課程について 入学について 学費について

日本アクティブリスナー学院についてよくあるご質問

  • JALCではどのようなことを学ぶのですか?

     JALCでは『傾聴』というカウンセリングでの基本姿勢を大切に考えています。 JALCでの学習はこれを踏まえて、心理学の誕生を哲学にまでさかのぼって学びます。 その上で、心理学の学術的な側面から「人を知る」「人と接する」ための知識を深め、さらにカウンセリングの主な理論を学習します。 これらの学習をより有効にするために重要なのは、理論や技法に振り回されない心構えです。『人の話を熱心に聴く』ためには、日常とは違う聴き方をしなければなりません。それをトレーニングという形で身につけます。


  • JALCで学んだことはどのように生かせますか?

     JALCで学んだことは、専門としてのノウハウにとどまりません。人とのコミュニケーションの基本は、まず聞くこと。 それも耳ヘンの聴く事が大事です。たがいがよく聴く事ができれば、皆さんの日常生活は大きく変わるでしょう。自分をケアし、身の回りの方々の手助け、 心の支えになるために有効な知識、技能が自然なふるまいとして身につくことになります。これは素適な変化だと思いませんか? さらに研鑽を積むことにより、JALC直営団体であるクロスハートでの認定アクティブリスナー(AL)としての活躍や、カウンセラーとしての独立開業に生かせます。


  • JALCで学べばカウンセラーになれるのですか?

     答えは、Yesです。 『私はカウンセラーです!』と肩書きを名乗れば誰でもカウンセラーになれます。しかし裏づけの無いカウンセラーは人を不幸にするだけです。 カウンセラーと名乗るからには、その肩書きの持つ「責任」を全うしなければなりません。 その責任は自分のみならず、時には、相談者の大切な人生にも関わる重いものもあります。そんな時、技法やノウハウでは通用しない、哲学に裏づけされた経験が必要になるのです。 まずは、JALCで学びながら、常に「自分は本当に出来るのか」、「自分はその責任を全うできるのか」を自分に問いかけてみてください。


  • JALCの認定資格はどのような場面で有効ですか?

     JALC直営団体であるクロスハートで活動するためには、この資格が必須条件になっています。 世の中には、数多くの認定資格があります。 その認定資格を有効に生かせるか否かは、その資格の重要性をきちんと説明が出来、資格を取得するためにどれほどの努力をし、その資格にどれほど誇りを持てるかによるものだと考えています。 カウンセラーとして職業に生かすのか、また今のお仕事に生かすのか、これからの自分に生かすのか。いづれにしても人とのコミュニケーションのすべての局面で、この資格の有効性は必ず実感されることでしょう。


  • カウンセラー資格は、国家資格なのでしょうか?

     2011年末現在、日本でのカウンセラー資格はすべてが民間資格です。(ただし精神科医等は除く)。臨床心理士も、文部科学省認可の財団法人日本臨床心理士資格認定協会の民間資格です。

課程についてよくあるご質問

  • 初心者ですが、授業についていけるでしょうか?

     入学される方の多くが、心理学もカウンセリングも初めての方です。プロのカウンセラー志望の方も、ご自身のスキルアップのための方もいらっしゃいます。 不安もあるでしょうが、授業を受けることにより自分の世界が少しづつ広がっていくことの喜びのほうがきっとおおきく感じられるでしょう。 まずは同じ教室で机を並べたもの同士で気軽に声をおかけになり、学んだ傾聴やコミュニケーション技法の実践からお始めになったらいかがでしょうか。 講義につきましてははじめの一歩から指導させていただきますので、ご安心ください。


  • 私用で、授業をお休みしたらどうなりますか?

     まずは、授業をお休みするときには、必ず事務局まで事前にご連絡ください。 またお休みした授業について基本的に補習はありません。お休みした分だけ学費を返済することもありません。 単位につきましては、全体の60%以上の出席率があれば、該当単元に関するレポートを提出していただくことにより、修了を認める場合があります。

入学についてよくあるご質問

  • プロ志望ではなく、スキルアップのために「心理学やコミュニケーションの勉強」がしたいのですが、入学できますか?

     もちろん入学できます。傾聴はコミュニケーションの基礎です。 コミュニケーションのあらゆる局面でお役に立ちます。カウンセリングに興味をもたれる方の動機は、「面白そう」「職場や家族とのコミュニケーションを良くしたいから」「営業成績を上げたいから」など、さまざまです。 しかし、技法やノウハウを手に入れただけなら、まるで映画村のハリボテセットを手に入れたようなものです。 本気で吹く風にセットはたちまち飛ばされ、なにも成果は残らないでしょう。 厳しい実践に強くなることに不可欠なのは、本学院の特色である、揺るがない自信をあたえる哲学的なアプローチを学ぶことです。


学費についてよくあるご質問

  • 受講料以外にも費用はかかるのですか?

    本学院では受講料以外に入学金を求めたり、教材を購入していただくなど、追加の学費を求めることは一切ありません。 授業には筆記用具をお持ちになってくださればけっこうです。

  • 受講料の優遇処置はありませんか?

     「奨学助成金制度」をぜひご利用ください。最大で4万円の受講料が免除されます。
    ※講座によって適用できないものもあります。 ※分割払いの場合適用できません。

  • 「奨学助成金制度」とはどのようなものですか?

     傾聴ボランティア育成課程、本科生課程、研究生課程の入学を申し込まれる際に、受講料を一括でお支払いいただけることを条件に、ご利用いただける優遇制度です。最大で4万円の受講料が免除されます。お申し込みには「奨学助成金申請書」を提出してください。審査があります。

  • 「奨学助成金制度」を申し込みたいのですが?

     こちらのリンクからPDFデータをダウンロードしてください。内容は「入校申込書」と「奨学助成金申請書」です。必要事項を記載後、お手数ですが郵送していただくか、FAXでお送りください。
    Tel : 03-6276-1168 ((株)サートプロ内)

  • 「奨学助成金申請書」をダウンロードできないのですが?

     お手数をおかけしますが、下記お申し込み・お問い合わせメールフォームからご連絡ください。担当者が内容を確認後、折り返し、「入校申込書」と「奨学助成金申請書」をお送りいたします。必要事項をご記入後、郵送していただくか、FAXでお送りください。携帯電話からお申し込みの方も、同様にしてお申し込みください。

  • 受講料の分割払いはできますか?

     6ヶ月以上の講座に関しては、3ヵ月毎の2回払いが可能です。一定の条件がありますので、詳しくはお問合せください。なお、分割でお支払いの場合「奨学助成金制度」はご利用になれません。

  • クレジットカードでの支払いはできますか?

     現在クレジッドカードでのお支払いは受け付けておりません。

各種お申し込み・お問い合わせ

お申し込み・お問い合わせは、下記のメールフォームからお願いいたします。

お問い合わせにはできるだけ迅速に返信させていただきますが、業務の兼ね合いで返信が遅れることもございます。
お急ぎの場合には、催促いただければ幸いです。
お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

※ このメールフォームはSSL情報暗号化通信に対応しています。
個人情報は暗号化されますのでご安心ください。

お申し込み・お問い合わせメールフォーム

JALC講師募集

このページの先頭へ